サイン看板の種類やデザイン(木製のオープン・クローズ板など)が豊富な専門店なら【有限会社サイン工芸】へ ~日本の看板の歴史~

日本におけるサイン看板の歴史

日本におけるサイン看板の歴史

サイン看板の歴史は古く、看板らしきものが日本に現れたのは奈良時代にまで遡ります。当時、商いをやっている標(しるし)として薄い木の札が看板代わりに使われていました。その後、都で毎年開催される市に出品する際、商品の表示が義務づけられましたが、まだ現在のような看板ではありませんでした。

当時は文字が普及していない時代のため、読み書きのできる人も少なく、文字の代わりに絵や記号で表示していたようです。また、見た目よりも実用性が重視されていて、シンプルで分かりやすい看板こそが優雅とされる風潮もありました。

それから時代が進み鎌倉末期になると、絵や文字を入れた竹や木の札を簡板(かんばん)と呼ぶようになり、室町時代にはすっかりその名を定着させていました。現在のように屋号や商標の名前が入った看板が生まれたのは、桃山時代になってからです。

江戸時代に入ると、『寺小屋』の普及も相まって一般庶民の間にも文字の読み書きが浸透していき、『酒』『飯屋』『団子』といった文字を入れた看板が続々と登場し始めました。当時も江戸幕府の奢侈禁令により贅沢や華やかさが許されておらず、シンプルで実用的な看板がほとんどです。

その後、明治時代に入ると西洋文化の影響もあり、それまでのシンプルで実用的なものから、文字や絵も派手で華やかな看板へと変化しました。

サイン看板の種類で人気を誇る『木製』看板の良さ ~オープン・クローズ・メニューなどにおすすめ~

サイン看板の種類で人気を誇る『木製』看板の良さ~オープン・クローズ・メニューなどにおすすめ~

サイン看板の種類の中でも、木製でできた看板は日本人にとって最も馴染み深い看板といえます。木製看板の魅力は、自然素材である「木」本来のぬくもりや優しさを感じるだけでなく、経年劣化により素材の個性が出てきて、より愛着が持てる点でしょう。

木製のサイン看板のお求めは、数多くのデザインや種類の看板を扱う【有限会社サイン工芸】をご利用ください。オープン・クローズ・メニュー紹介などにおすすめの木製看板をご用意しています。

サイン看板の種類やデザインの豊富な看板専門店なら【有限会社サイン工芸】

サイン看板の種類やデザインの豊富な看板専門店をお探しの方は、【有限会社サイン工芸】をご利用ください。
【有限会社サイン工芸】では、お客様のニーズに合った看板を提案いたします。

飲食店・カフェ・美容室・不動産などの店舗には、様々なシチュエーションにマッチしたデザインの「プレートサイン」「ポスターパネル」「スタンドサイン」「黒板・掲示板」を商材として提供いたします。「モノ」を創り上げるまでのプロセスはもちろん、アフターフォローも大切に考えていますので、些細なご相談もお気軽に問い合わせください。

お役立ちコラム

サイン看板のことなら種類やデザインが豊富な【有限会社サイン工芸】へ

名前
有限会社サイン工芸
住所
〒625-0052 京都府舞鶴市行永2581-3
TEL
0773-64-1715